コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<北沢防衛相>ヘリ接近中国に再抗議(毎日新聞)

 北沢俊美防衛相は23日午前の記者会見で、中国海軍のヘリが2度にわたり監視中の海上自衛隊の護衛艦に至近距離まで接近したことについて中国側が「必要な防衛措置をとった」と説明していると明らかにした。北沢氏は「公海上とはいえ、極めて危険な事態だ。外交ルートを通じて(改めて)厳重に抗議を申し入れた」と述べた。

 外務省によると、日本政府が抗議したのに対し、中国外務省が22日、北京の日本大使館の和田充広公使を呼び「日本の(海自の)警戒監視活動に対して必要な防衛措置をとった」との見解を示した。【仙石恭】

【関連ニュース】
普天間:徳之島「なかなか厳しいものがある」…北沢防衛相
空自:スクランブル299回 09年度
普天間移設:北沢防衛相が沖縄知事に政府検討案説明か
空自談合:初の改善措置要求 公取委
北沢防衛相:自衛隊機を民間転用 検討会発足へ

志位氏がルース米大使と会談 共産党トップとして初 (産経新聞)
<恐喝容疑>手配の総長逮捕 京都府警(毎日新聞)
山陰海岸学習館、24日リニューアルオープン 鳥取(産経新聞)
震災時の体制整備、市区町村は6%=自治体の業務継続で調査-内閣府など(時事通信)
JR北海道でも無賃乗車=関連会社6人を諭旨解雇(時事通信)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

寝室から油検出=犯行、午前10時以降-富山夫婦殺害(時事通信)

 富山市でビルが燃え、焼け跡から2人の他殺体が見つかった事件で、2人が倒れていた寝室から油の成分が検出されたことが22日、富山県警富山中央署捜査本部への取材で分かった。油を入れた容器は見つかっておらず、捜査本部は、犯人が油をまいて放火し、容器を持ち去った可能性があるとみて調べている。
 捜査本部は同日、損傷が激しかった男性の遺体について、DNA鑑定の結果、同ビル所有者で2階に住む福田三郎さん(79)と確認した。 

<参院選>ネット選挙解禁に向け協議機関設置 与野党一致(毎日新聞)
<帯広市長選>石川知裕議員と故中川昭一氏夫人が積極的動き(毎日新聞)
<TOSHI>自己啓発セミナーの実情を知って 2時間にわたり訴える (毎日新聞)
“橋下節”封印「今日は招かれざる客なのかな」(産経新聞)
<条例違反容疑>捕獲禁止の魚捕った男逮捕 滋賀(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

民主幹部、参院選で「公明票に期待」(産経新聞)

 民主党幹部は15日夜、都内で記者団に対し、夏の参院選について、「衆院議員と違って参院議員は支持率(低下)を気にしない。(支援)組織の重要さを知っているからだ。(参院選勝利には)あとは民主党幹事長室でどれだけ業界票を持ってくるかと、公明票だ」と語った。

平城遷都1300年祭 和の匠と学者、熱い挑戦実る 困難極めた資料なき復原(産経新聞)
<神奈川県箱根町>満開のサクラが雪化粧 積雪10センチ(毎日新聞)
国庫負担「肩代わり」法案を可決-衆院厚労委(医療介護CBニュース)
超過勤務、過大報告させ手当受給…神戸の財団(読売新聞)
ダイバーに人気、天使の輪を持つ「ダンゴウオ」(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

「たちあがれ日本」参院選で10議席以上目標(読売新聞)

 たちあがれ日本の平沼代表は11日のNHKの報道番組で、夏の参院選について、「10人ぐらいは獲得しないと、民主党の単独過半数を制することはできない」と述べ、10議席以上を獲得する目標を明らかにした。

 候補者を公募する方針を示し、「比例選には10人以上、(改選定数3以上の)大きな選挙区に対しては4~5人を擁立する」と語った。

 同党の園田博之・元官房副長官はフジテレビの報道番組で、消費税率について、「なるべく早い時期にあと5%はお願いしないといけない。最終的にはあと10%ぐらい必要だ」と述べ、将来的には15%程度に引き上げる必要があるとする見解を示した。園田氏は同党の参院選の公約に、消費税率の具体的な引き上げ幅を盛り込む意向を表明した。

鳩山首相、核サミット参加へ米国に出発(産経新聞)
重要文化財指定(時事通信)
学生監禁致傷公判 元巡査 罪状認める 神戸地裁(産経新聞)
【from Editor】過信は命取り(産経新聞)
1票の格差「違憲状態」請求棄却…高松高裁(読売新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<両陛下>静養で静岡入り(毎日新聞)

 天皇、皇后両陛下は5日、静養のため静岡県入りした。この日は伊東市内に宿泊し、7日に下田市の須崎御用邸に入り、9日まで滞在して帰京する。両陛下が須崎御用邸を訪れるのは05年7月以来、約5年ぶりとなる。

 両陛下は5日午前に特別列車でJR東京駅を出発。真鶴駅(神奈川県真鶴町)で途中下車し、真鶴町立中川一政美術館などを見学した。両陛下はその後、再び特別列車に乗り、伊東駅に到着した。

名張毒ぶどう酒事件 再審の可能性も…最高裁が差し戻し(毎日新聞)
<普天間問題>鳩山首相、米大統領に直接説明する意向(毎日新聞)
連合会長、鳩山政権に「グランドデザインがない」(産経新聞)
参院選公約、消費増税前面に=両院懇で意見-自民(時事通信)
公明・遠山氏が繰り上げ当選 神崎元代表辞職で(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

「新党今週中に」与謝野氏、都知事「応援団に」(読売新聞)

 自民党に離党届を提出した与謝野馨・元財務相は4日午前、フジテレビの報道番組に出演し、平沼赳夫・元経済産業相と結成する新党について、「今週中に立ち上げる」と述べた。

 同番組に出演した石原慎太郎・東京都知事は「応援団になる」と新党を支援する意向を示した。

宅八郎氏を起訴猶予=男性への脅迫事件-神戸区検(時事通信)
シー・シェパード元船長起訴 危険行為に強い姿勢 検察側、外交切り離し捜査(産経新聞)
鳩山首相、郵政改革案は「唯一のやり方だ」(産経新聞)
<前原国交相>成田に全身スキャナー 7月めどに実験開始へ(毎日新聞)
闇サイトに「ネットハンター」=潜入捜査、違法行為を摘発-専従班設置へ・警視庁(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

医薬品ネット販売規制は「合憲」(医療介護CBニュース)

 副作用のリスクが高い一般用医薬品のインターネット販売を禁止した昨年6月施行の「薬事法施行規則等の一部を改正する省令」が、過大な規制を定めるもので違憲などとして、Eコマースサイトを運営するケンコーコム株式会社(後藤玄利代表取締役)と、有限会社ウェルネット(尾藤昌道代表取締役)が、一般用医薬品のネット販売の権利確認と同省令の無効確認・取り消しを求めていた裁判で、東京地裁(岩井伸晃裁判長)は3月30日、原告側の訴えを退ける判決を下した。

 判決は、薬剤師など有資格者の対面販売とネット販売を比較した場合、ネット販売は「購入者側の属性・状態把握等の的確な把握、これに即応した医薬品の効能・副作用に関する必要な情報の提供、相談の機会を確保し、購入者による確認、行政上の監督によってこれらを担保し得るものとはいえない」と指摘。これらの実効性には相当の有意な差異・限界があるとして、「副作用の危険の相対的に高い医薬品の販売に当たり、有資格者の対面による販売と同等の所要の水準の安全性を確保し得るものとは認められない」とした。その上で、ネット販売の規制は、「一般用医薬品の適切な選択、適正な使用を確保し、一般用医薬品の副作用による健康被害を防止すること」との目的を達成するための手段として「必要性と合理性を認めることができる」などとして、合憲と結論付けた。
 また付言として、将来、医薬品の副作用や情報通信技術などの状況に「有意な事情の変更」があった場合、「その時点の新たな状況に応じた規制内容の見直しが図られることが新薬事法の趣旨にも合致するものと解される」として、合憲とした判断が規制を将来の状況変化の有無にかかわらず、恒久的に固定化されるべき規制措置として位置付ける趣旨のものではないとした。

■原告側が控訴へ
 判決を受けて原告側は同日、記者会見を開いた。ケンコーコムの後藤代表取締役は「国側の主張を全面的になぞっただけの極めて不当な判決」と強調。「今回の判決で最も納得がいかないのは、対面販売とネット販売を比べると、情報提供の難易、実現可能性に有意な差があると断じているところ」とした上で、「裁判所は、インターネット上ではペテン師がうそつきに医薬品を販売しているとの想定に立っている。まさに結論ありきの判決」と怒りをあらわにした。
 その上で、「まだ第一ラウンドが終わったばかりだと思っている。このような理不尽な状況に終止符を打つために最後まで戦い抜く」と述べ、控訴する考えを示した。

 また、原告訴訟代理人弁護士の関葉子氏は「主張においても、立証においても、国側を完全に論破したと考えていたので、このような判決が出るとは予想していなかった。大変意外な判決だった」と述べた。さらに、判決要旨などを読んだ印象として、「これだけの主張、立証をしたのに、よくここまで国の主張を書き写しただけに等しいような抽象的な判決が書けるなとがっかりした」と無念の表情を見せた。

 一方、厚生労働省は判決を受けて、「おおむね国の主張が認められたものと考えている」とのコメントを発表した。コメントでは「医薬品の適切な選択と適正な使用のためには、リスクの高い医薬品について専門家が対面で情報提供を行うことが必要と考えており、今後とも、一般用医薬品の販売制度の周知、定着に努めていきたい」としている。


【関連記事】
「消費者、患者の観点で規制見直しを」-行政刷新会議分科会が初会合
一般用医薬品の通信販売規制強化への見解、自民と民主で違い
医薬品ネット販売訴訟始まる
「ネットは安全確保し、利便性を提供」―医薬品ネット販売訴訟
医薬品のネット通販、規制反対で共同声明

「耳が悪いか口か、お互い様」亀井氏批判に菅氏(読売新聞)
阿久根市職労が市役所から退去=使用許可めぐり、提訴の方針(時事通信)
普天間移設「極力県外に」=鳩山首相(時事通信)
「音環境で健康に」 大橋道場に120人(産経新聞)
<足利事件>菅家利和さんに無罪判決 宇都宮地裁(毎日新聞)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。