コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

民主党「支持」V字回復 参院選「単独過半数も」?(J-CASTニュース)

 民主党が「支持」をV字回復させている。鳩山由紀夫・小沢一郎両氏のコンビが辞職を表明し、人事など菅直人新首相の「脱小沢」路線に期待が寄せられた形だ。2010年7月の参院選圧勝の読みまで出るほどだが、「回復」の勢いはいつまで続くのだろうか。

 2010年6月6日に投開票された横浜市議泉区補選(被選挙数1)は、民主党公認の麓理恵氏が、みんなの党公認と自民党公認の候補2人を破って初当選した。麓陣営からは、厳しい選挙だったが鳩山首相らの辞職で流れが変わったと指摘する声が少なからず聞かれた。鳩山氏の退陣表明は6月2日だった。

■世論調査で民主が自民を「再逆転」

 菅新首相を国会が指名した6月4日から各社が行った世論調査では、軒並み民主が「支持」を伸ばしている。共同通信の5月末の調査では、政党支持率でも参院選比例での投票先でも自民が民主を「逆転」していたが、今回調査では民主が「再逆転」した。「投票先」をみると、民主が32.6%と前回比12.7ポイント増と2ケタの伸びを見せた。自民は23.4%で2.5ポイント増に留まった。

 6月6日付の毎日新聞朝刊によると、「投票先」は民主34%、自民17%とダブルスコアに開いた。鳩山退陣表明前の5月末の調査では、民主22%、自民21%とほぼ横並びだったにも関わらず、だ。「菅首相が『脱小沢』路線を鮮明にしたことが民主党に対する期待感を回復させた」と分析している。6日付の朝日新聞でも、「投票先」は、民主33%、自民17%とダブルスコアに近くなった。5月末の調査では、民主と自民は20%で並んでいた。

 こうした傾向は「投票先」だけではない。NNN(日本テレビ系ネット)の世論調査では、政党支持率で民主党35.7%、自民党22.1%と、5月調査と比べ民主が自民を「再び逆転」した。また、単純比較はできないが、菅新首相の支持率は62.4%で、約20%にまで落ち込んでいた鳩山内閣の支持率から「一気にV字回復した結果となった」。

 そんな中、週刊朝日の最新号(6月18日号)は、「参院民主単独過半数か」との見出しで、緊急議席予測の記事を載せた。民主の改選議席数は54だが、一時は党内に「40議席を割り込み大敗するのでは」との憶測が広がっていた。同誌記事で今回、政治ジャーナリストの野上忠興さんは、民主の予測獲得議席数を「54」とした。前回(5月21日号)は民主47議席、としていたが、鳩山・小沢両氏の辞職で「追い風とはいかないまでも、『微風』を呼び込むことに成功した」と分析している。さらに、「予測した54をさらに上回り、60議席以上を獲得して単独過半数を取る可能性もある」とみているという。

■民主陣営は「まだ支持率は上がる」と期待

 市議補選を終えたばかりの民主党神奈川県連関係者にきくと、鳩山退陣の話が出るまでは「みんなの党候補と五分五分の状勢」と見ていた。結果的に約3500票の差をつけて勝ったが、「票差の半分は鳩山・小沢辞職の風のおかげ」と分析した。

 また、今回の参院選改選組で関東地区のある選挙区候補予定者の選対幹部は、各種世論調査の「支持」の伸びと横浜市議補選の勝利を「勢いがついた」と大歓迎している。やはり菅新首相効果のお陰だと見ている。「普天間移設問題を巡る鳩山氏のウソと小沢氏のカネには厳しい声が寄せられ、これを抱えたままでは当選できない、と密かに思っていた」。しかし空気が一変したと感じている。

 6月8日に菅新内閣が誕生するが、「支持率はまだまだ上がる。急激ではないがじわじわと」と見ており、7月25日投開票説が有力視される参院選挙まで「この勢いはもつ」と鼻息が荒い。

 一方で、野上さんとともに週刊朝日で議席予測をした、政治評論家の森田実さんは民主34議席(前回35)と厳しい見方だ。菅新首相の非小沢色の傾向が小沢氏側の反発を呼び「分裂選挙に陥る可能性も否定できません」と同誌で指摘している。脱小沢色が吉と出るのか凶と出るのか、見方は分かれているようだ。


■関連記事
「相談して決めること多い」 菅代表歯切れの悪い記者会見 : 2010/06/04
次期首相有力の菅副総理 「イラ菅」へ戻る?「無心の境地」? : 2010/06/03
鳩山首相の「聞く耳」発言 「上から目線」とブーイング : 2010/06/03
さあ、500万人が夜逃げする 6・18貸金業法、総量規制強制導入 : 2010/05/24
20代が抱く会社への不満「給料安すぎ」「休み少ない」 : 2010/06/03

民主党両院議員総会での首相の演説要旨(産経新聞)
菅首相会見詳報(5)「奇兵隊内閣と名付けて」(産経新聞)
県立受験やめれば合格=帝京五高、受験生に打診―愛媛(時事通信)
民主代表選 人事巡り駆け引き 顔ぶれ一新困難に(毎日新聞)
民主、国新が党首会談=連立めぐり協議(時事通信)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

農機具会社やスーパー、宮崎へ支援の輪広がる(読売新聞)

 宮崎県で家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」の被害が出ている問題で、関西のスーパーや農機具メーカーなどが、宮崎県の農家を支援する取り組みを始めた。

 宮崎県大阪事務所にも「募金したい」などと毎日約10件の問い合わせがあるといい、支援の輪はさらに広がりそうだ。

 流通関係者によると、宮崎県は、宮崎牛や地鶏など良質な特産品が多く、食の一大産地として知られる。特に取扱量が多いわけではないが、今回の危機に際し、風評被害を防ぎ、産地を守る必要があると各社が判断したようだ。

 イズミヤは29日、「がんばれ宮崎県応援フェア」を全83店で一斉に始めた。完熟マンゴーや宮崎赤鶏、焼酎など宮崎産の食品を集めた特設売り場を6月6日まで設ける。宮崎産の食品の消費拡大を図り、農家を支援するのが狙いだ。「宮崎には魅力的な食品がたくさんあることを知ってもらいたい」(秘書・広報室)としている。

 大阪府吹田市の千里丘店で宮崎産キュウリを買った近くの主婦(40)は「宮崎の役に立てるなら、また買いたい」と話した。

 焼き肉レストラン運営の大同門(吹田市)は6月1日~30日、大阪市内などの11店で、宮崎県支援の募金をした客に特典をつける。江坂店(吹田市)など3店は、980円(税別)の和牛肉を2500円相当の神戸牛肉に格上げするほか、阪急三番街店(大阪市北区)は、960円(税別)の塩上タンを半額にする。1人1回限りで募金額は問わない。同社は「店員が募金箱を持って説明する。募金箱を置くだけよりも寄付が集まるはず」という。

 農機具メーカーのクボタは27日、1000万円の義援金を宮崎県に寄付することを決めた。ソフトバンクモバイルは24日から、携帯電話で専用のチャリティーダイヤルを設けた。通話料金全額が義援金として寄付される仕組みで、6月30日まで実施する。

 宮崎県大阪事務所は、今月17日から義援金の受け付けを始め、これまでに約20万円が寄せられた。宮崎県出身者らに加え、最近は「畜産農家が苦しんでいる様子を報道で見た」と募金に訪れる人が増えたという。飲食チェーンなどから「募金箱を置きたい」という申し出もある。

 甲斐善哉・同事務所次長は「非常に感謝している。落ち着いた際には、ぜひ宮崎を訪れてほしい」と話す。

首相、29日から訪韓 北問題で中韓と協議(産経新聞)
首相、続投を確認=小沢氏との会談で(時事通信)
シャープ、デイリーヤマザキにデジタルフルカラー複合機を納入
普天間移設 官民あげて米基地反対 奄美群島民大会(毎日新聞)
少し肌寒いけど…お先に夏服 神戸の女子中高(産経新聞)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。