コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

医薬品ネット販売規制は「合憲」(医療介護CBニュース)

 副作用のリスクが高い一般用医薬品のインターネット販売を禁止した昨年6月施行の「薬事法施行規則等の一部を改正する省令」が、過大な規制を定めるもので違憲などとして、Eコマースサイトを運営するケンコーコム株式会社(後藤玄利代表取締役)と、有限会社ウェルネット(尾藤昌道代表取締役)が、一般用医薬品のネット販売の権利確認と同省令の無効確認・取り消しを求めていた裁判で、東京地裁(岩井伸晃裁判長)は3月30日、原告側の訴えを退ける判決を下した。

 判決は、薬剤師など有資格者の対面販売とネット販売を比較した場合、ネット販売は「購入者側の属性・状態把握等の的確な把握、これに即応した医薬品の効能・副作用に関する必要な情報の提供、相談の機会を確保し、購入者による確認、行政上の監督によってこれらを担保し得るものとはいえない」と指摘。これらの実効性には相当の有意な差異・限界があるとして、「副作用の危険の相対的に高い医薬品の販売に当たり、有資格者の対面による販売と同等の所要の水準の安全性を確保し得るものとは認められない」とした。その上で、ネット販売の規制は、「一般用医薬品の適切な選択、適正な使用を確保し、一般用医薬品の副作用による健康被害を防止すること」との目的を達成するための手段として「必要性と合理性を認めることができる」などとして、合憲と結論付けた。
 また付言として、将来、医薬品の副作用や情報通信技術などの状況に「有意な事情の変更」があった場合、「その時点の新たな状況に応じた規制内容の見直しが図られることが新薬事法の趣旨にも合致するものと解される」として、合憲とした判断が規制を将来の状況変化の有無にかかわらず、恒久的に固定化されるべき規制措置として位置付ける趣旨のものではないとした。

■原告側が控訴へ
 判決を受けて原告側は同日、記者会見を開いた。ケンコーコムの後藤代表取締役は「国側の主張を全面的になぞっただけの極めて不当な判決」と強調。「今回の判決で最も納得がいかないのは、対面販売とネット販売を比べると、情報提供の難易、実現可能性に有意な差があると断じているところ」とした上で、「裁判所は、インターネット上ではペテン師がうそつきに医薬品を販売しているとの想定に立っている。まさに結論ありきの判決」と怒りをあらわにした。
 その上で、「まだ第一ラウンドが終わったばかりだと思っている。このような理不尽な状況に終止符を打つために最後まで戦い抜く」と述べ、控訴する考えを示した。

 また、原告訴訟代理人弁護士の関葉子氏は「主張においても、立証においても、国側を完全に論破したと考えていたので、このような判決が出るとは予想していなかった。大変意外な判決だった」と述べた。さらに、判決要旨などを読んだ印象として、「これだけの主張、立証をしたのに、よくここまで国の主張を書き写しただけに等しいような抽象的な判決が書けるなとがっかりした」と無念の表情を見せた。

 一方、厚生労働省は判決を受けて、「おおむね国の主張が認められたものと考えている」とのコメントを発表した。コメントでは「医薬品の適切な選択と適正な使用のためには、リスクの高い医薬品について専門家が対面で情報提供を行うことが必要と考えており、今後とも、一般用医薬品の販売制度の周知、定着に努めていきたい」としている。


【関連記事】
「消費者、患者の観点で規制見直しを」-行政刷新会議分科会が初会合
一般用医薬品の通信販売規制強化への見解、自民と民主で違い
医薬品ネット販売訴訟始まる
「ネットは安全確保し、利便性を提供」―医薬品ネット販売訴訟
医薬品のネット通販、規制反対で共同声明

「耳が悪いか口か、お互い様」亀井氏批判に菅氏(読売新聞)
阿久根市職労が市役所から退去=使用許可めぐり、提訴の方針(時事通信)
普天間移設「極力県外に」=鳩山首相(時事通信)
「音環境で健康に」 大橋道場に120人(産経新聞)
<足利事件>菅家利和さんに無罪判決 宇都宮地裁(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

普天間移設 5月末決着目指す 外相、米国防長官に伝達(毎日新聞)

 【ワシントン古本陽荘】岡田克也外相は29日午前(日本時間同日夜)、米国防総省でゲーツ国防長官と会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「5月末までに決着させたいという考えに変わりはない」と伝えた。ゲーツ長官は「在沖縄海兵隊は日米同盟にとって極めて重要だ。米政府は引き続き日本政府と協議し、本件を早期に解決したい」と応じ、日米政府間の協議を進めることで一致した。ただ、米側は米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に移設する現行案が「ベスト」との姿勢を崩しておらず、日米間の調整が難航するのは必至だ。

 普天間移設問題をめぐり、日本政府内ではシュワブ陸上部に暫定滑走路を建設する案や米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)沖合を埋め立てる案に加え、普天間飛行場の航空部隊の機能を徳之島(鹿児島県)などの県外に分散移転する案を検討。米側は地元住民の合意を得られない案は受け入れない構えで、在沖縄海兵隊全体の一体運用を重視し県外への分散移転にも難色を示している。

 会談で外相は「現時点での検討状況についてはルース駐日米大使に説明した。今後、日米間でさらに協議を進めたい」と表明。長官は「日米同盟は日米双方に死活的に重要だ。米国は対日防衛義務を誠実に果たす。そのため核を含めた抑止力を維持する。日米同盟を深化させるためにも普天間問題を解決することが必要だ」と早期解決を求めた。

 会談ではこのほか、在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)について岡田外相が「包括的な見直しを早急に行っていきたい」と提案。ゲーツ長官も「効率的・効果的にしていくために協議を行っていく」と述べた。

 オバマ米大統領がアフガニスタンを電撃訪問したことを踏まえ、現地情勢や復興支援の協力についても協議。長官は「日本の貢献は極めて重要で、高く評価したい」と述べた。

 岡田外相は会談後、主要国(G8)外相会合に出席するためカナダへ向かい、29日夜(日本時間30日午前)、クリントン米国務長官と会談する。ワシントンで予定されていたジョーンズ大統領補佐官(国家安全保障問題担当)との会談は、補佐官がオバマ大統領のアフガニスタン訪問に同行したため、急きょ中止となった。

【関連ニュース】
普天間移設:北沢防衛相、ヘリ引き受け先の県外分散を検討
鳩山首相:普天間問題 県外移設に向け全力挙げる考え示す
普天間移設:「県外」組み合わせ提示 沖縄知事に防衛相
普天間移設:県内2案提示へ 一部「県外」とセット
普天間移設:政府案へ大詰め 関係閣僚が協議

首相動静(3月26)(時事通信)
<原子力安全白書>稼働率向上など推進色の濃い内容に(毎日新聞)
分散飼育のトキが産卵=石川(時事通信)
<体重>中年の急増急減、死亡リスク高く 厚労省8万人調査(毎日新聞)
郵貯限度額上げ「議論が必要」=首相(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

里見女流名人に米長将棋連盟会長がエール「男のタイトル取る気迫で」…就位式(スポーツ報知)

 将棋のユニバーサル杯第36期女流名人位戦(主催・報知新聞社、日本将棋連盟、特別協賛・株式会社ユニバーサルエンターテインメント)で、新名人となった里見香奈女流名人(倉敷藤花、18)の就位式・祝賀パーティーが25日、東京・元赤坂の明治記念館で行われた。最後の制服姿で登場した里見は「棋力向上と、もっと勉強すること。普及活動もできたらいいな」と今後の抱負を語った。

 晴れの舞台に立った18歳のスピーチに、会場は笑いと拍手に包まれた。「(女流名人になって)師匠(森鶏二九段)がごちそうしてくれたうなぎがおいしかったので、またうなぎをおごってもらえるように頑張ります」

 史上4人目の10代での女流名人位。ニューヒロインの誕生を約200人の出席者が祝福した。就位式の直後は、パーティー会場に向かう里見をメディアが包囲。予定になかった会見が催されるフィーバーぶりとなった。

 対局同様、この日もブレザーの制服姿でマイクに向かった里見は「女流名人は棋士になってからの大きな目標でした。盤を挟んで清水(市代=女流王位・女流王将)さんと将棋を指すことはすごく勉強になった。内容は苦しかったけど、素直にうれしいです」と喜びを語った。カンニングペーパーは使わず、スピーチは丸暗記。朝起きてから、主催者や関係各位への感謝の言葉を完全に覚えた。「ちょっとだけかんじゃいましたけど…」

 将棋盤を離れれば、お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」を見るために家族とチャンネル争いをする普通の18歳には、史上初の女流5冠、そして打倒男性プロの期待がかかる。日本将棋連盟・米長邦雄会長からは「里見さんには、女流ナンバーワンの地位を築いてもらうとともに、男子プロを(タイトル戦で)やっつける第1号になってもらいたい。男のタイトルを取る気迫で頑張ってください」とエールを送られた。「いい将棋を指して、勝てたら本当にいいなと思います」。その言葉には、女流名人としてのプライドがにじみ出た。

 今月5日に島根県立大社高校を卒業。進学せず、4月からは故郷の出雲市を拠点にプロ棋士の活動に専念する。目下の悩みは、これまでは制服で通してきた対局での「勝負服」をどうするか。「スーツにしたいんですけどピンクは浮いちゃうし、黒はお葬式みたいになっちゃう。濃いグレーのスーツかなあ」

 花揺れる春。桜の開花とともに、制服を脱いだ18歳の新しい一歩が始まる。

 【関連記事】
久保が羽生破り初の王将獲得!2冠に…将棋王将戦
羽生が勝ち、2勝3敗…将棋
女流名人位戦 日本将棋連盟 ユニバーサルエンターテインメント を調べる

<野焼き>燃え広がった火でボランティア3人死亡 静岡(毎日新聞)
三宅島、避難指示解除から5年 島に脈打つ家族の絆(産経新聞)
鳩山首相と関係閣僚、夜に協議=普天間移設、政府案で詰め(時事通信)
夫婦別姓法案「提出認めぬ」=亀井氏(時事通信)
ゴミ処理施設建設現場で爆発=7、8人負傷-兵庫・姫路(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<訃報>大西祥平さん57歳=慶応大スポーツ医学研究所長(毎日新聞)

 大西祥平さん57歳(おおにし・しょうへい=慶応大スポーツ医学研究センター所長、医学博士)18日死去。密葬を行い、「しのぶ会」を後日予定している。

 日本アンチ・ドーピング機構専門委員。日本相撲協会の生活指導部特別委員会委員として、角界の反ドーピング活動に尽力した。全日本スキー連盟の情報医科学部長や理事も務め、06年トリノ冬季五輪では日本選手団のチームドクターを担当した。

<合掌家屋>屋根ふき替え 助け合い今も 岐阜・白川(毎日新聞)
すばる後継や古典基盤整備を=大型研究計画43件提言-科学的評価で選抜・学術会議(時事通信)
地下鉄サリン事件15年、遺族や関係者が献花(読売新聞)
<マラソン>佐藤、加納ら男女各2人を代表選出 アジア大会
日医会長選に4人が立候補(医療介護CBニュース)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<素敵カラダプロジェクト>声出してひざを伸ばす! レッスン第2回(毎日新聞)

 働く女性たちが、パナソニックのヘルスケア商品を使いながら健康な心と体を目指す取り組み「素敵カラダプロジェクト」の第2回レッスンが3月13日行われ、宇田渚さんのレッスンを受けた。1回目に続き、参加者のニックネーム「naoko」さん(東京都内の企業に勤務する20代女性会社員)に感想などを寄せてもらった。

 ◆素敵な仲間とプロジェクト第2回◆

 3月13日に行われた「素敵カラダプロジェクト」のレッスン第2回の様子です。

 今回のテーマは「ひざを伸ばす」です。

 まるで部活です。宇田先生は「声がつぶれないできちんと出るのは正しい姿勢ということよ。ストレッチをしながら声を出すのは基本です」。

 なるほど確かに、実際やってみると声がきちんと出ている時の方が背中が伸びる。前回同様、勉強になります。テーマの「ひざを伸ばす」を見たとき、「屈伸運動?」ぐらいにしか思っていなかった私。↓これ、ひざを伸ばしてるんです。

 うしろで手を組んでぐいーっと伸ばすとこれがまた痛い。背中も伸びるし足も伸びるし、正しいストレッチを学ぶのって効果的なんだと感じました。レッスンが終わってからみんなで座談。一緒に体験している仲間がいるってなかなか楽しい。「来週の3回目までに毎日ストレッチする約束しましょう!」と励まし合いました。

 自分に甘いわたしですが、約束は守らなくちゃね。やっぱり1人で続けるってなかなか難しくて、そういえばジムも続かないし、最近ホットヨガも行けてないし……フットサルとかテニスとか、仲間がいて集まるほうが続けられているので向いてるのかも。次回も楽しみです。

【関連ニュース】
<第1回の記事>素敵カラダプロジェクト:ヘルスケア商品で心も体も健康に レッスン始まる

「一票の格差」訴訟で名古屋高裁は「違憲」判断(産経新聞)
普天間移設、2案で調整…関係閣僚会議(読売新聞)
源純夏氏「緊張感がなくなった」出馬辞退…現職反発で党本部腰砕け(スポーツ報知)
老人ホーム3人刺される 福岡 69歳男、容疑で逮捕(産経新聞)
3連休初日、中国道や名神で39キロ渋滞 追突事故も影響(産経新聞)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。